専業主婦でも借りれる消費者金融

専業主婦でも借りれる消費者金融は?

キャッシングを利用してお金を借りるのがはじめての専業主婦は、「どの消費者金融が利用できるの?」と考えてしまいがちです。
カードローンのサービスを提供している金融機関には、

  • 消費者金融会社
  • 信販会社
  • クレジットカード会社
  • 銀行

などがありますが、専業主婦が借りれる可能性があるのは、「銀行」のサービスの中にあります。
間違えて消費者金融のサービスに申込んでしまっても、審査にとおることはありませんので、十分注意してカードローンを選びましょう。

 

専業主婦が消費者金融に申し込めない理由とは?

 

まず、専業主婦が消費者金融やクレジットカード会社などのカードローンに申し込めないのは、法律による制限があるからです。
2010年6月18日に始まった改正貸金業法では、「年収の3分の1を超える融資をしてはいけない」というルールが盛り込まれています。
改正貸金業法の規制を守らなければならない消費者金融などは、年収の3分の1までの融資しかできなくなっています。
たとえば、毎月5万円のパート収入がある主婦の申込みなら、1年間の収入が60万円になりますので、その3分の1の20万円までならお金を貸せるということになります。
専業主婦は、自分の名義での収入がありませんので、残念ながら、消費者金融の利用ができないこととなっています。

 

専業主婦はお金が借りられないの?

 

ここで「専業主婦はお金が借りられないのか?」と不安になるかもしれませんが、総量規制は、すべてのカードローンを規制するものではありません。
規制の対象外となっている銀行のカードローンを選べば、専業主婦でもお金を借りることができます。
ただし、すべての総量規制対象外カードローンが専業主婦に融資しているわけではありませんので、「専業主婦が申し込めるか?」をよく確認した上で申込む必要があります。

 

専業主婦におすすめの銀行カードローンは?

 

申込むカードローンが決まっていない専業主婦は、みずほ銀行のカードローンを選んでみてはいかがでしょうか。
みずほ銀行のカードローンなら、専業主婦が申し込めるのはもちろん、最短当日中にお金を受け取ることもできます。
ただし、みずほ銀行の専業主婦への融資は、最大30万円までとなっていますので、希望額を伝えるときは、限度額30万円以下となるようにする必要があります。
なお、みずほ銀行カードローンの特徴については、みずほ銀行のホームページで確認しておくようにしましょう。